宮古島ってどんなところ?

宮古島は沖縄諸島の一部です。
島の広さは159km年平均気温は23.6℃、一番寒い1月でも18℃も気温がある熱帯雨林気候で、太平洋と東シナ海の二つの海の間に位置するため魚やサンゴなどたくさんの種類の生物が生息しています。
また陸の生物も多くミヤコカナヘビなど宮古島の名前がついている種も多くいます。

最初は五目釣りとかグルクン釣りを楽しみましょう!

魚の種類が多いのは宮古島の特徴です。釣りも楽しく食べても美味い!のんびりと楽しみたい人にはおすすめ!
サンマやイカなどの身餌で釣ります。
いろいろな魚が釣れますよ! 手軽に楽しむにはグルクン釣りがおすすめです。
専用のサビキの上のカゴにオキアミを入れて、オモリが底についたらすばやく巻き上げ、オキアミを振り出すようにしゃくってゆっくり巻いて待ってください。これを何度か繰り返して待っていると、魚がだんだん寄ってきますので、面白いように釣れます!
これは波が穏やかな海域を選びますので、ファミリーで楽しむのもいいでしょう。

沖合で豪快に釣りたいのですが・・・

もちろん釣りは沖合で豪快に釣った方が気持ちいいですし、大物が釣れた時の気分は最高です。
ご希望があれば遠慮なくお問い合わせください。

何が釣れるんだろう?

グルクン
宮古島の魚グルクン
ベラ
宮古島の魚ベラ
タマン
宮古島の魚タマン
シマアジ(がーら)
宮古島の魚シマアジ(がーら)
ナンヨウカイワレ(がーら)
宮古島の魚ナンヨウカイワレ(がーら)
ハマフエフキ(たまん)
宮古島の魚ハマフエフキ(たまん)
アミフエフキ(むるー)
宮古島の魚アミフエフキ(むるー)
シロダイ(しるゆー)
宮古島の魚シロダイ(しるゆー)
イソフエフキ(くちなじ)
宮古島の魚イソフエフキ(くちなじ)
オオスジヒメジ(おじさん)
宮古島の魚オオスジヒメジ(おじさん)
ヨスジフエダイ(びたろー)
宮古島の魚ヨスジフエダイ(いのびたろー)
アオチビキ(あおまち)
宮古島の魚アオチビキ(あおまち)
ゴマモンガラ(かわはぎ)
宮古島の魚ゴマゴンガラ(かわはぎ)
ロクセンフエダイ(びたろー)
宮古島の魚ロクセンフエダイ(びたろー)
スジアラ(あかじん みーばい)
宮古島の魚スジアラ(あかじん みーばい)
ヤマトハタ(あら みーばい)
宮古島の魚ヤマトハタ(あら みーばい)
バラハタ(ながじゅ みーばい)
宮古島の魚バラハタ(ながじゅ みーばい)
ニジハタ(あか みーばい)
宮古島の魚ニジハタ(あか みーばい)
アカハタ(はんごー みーばい)
宮古島の魚アカハタ(はんごー みーばい)
ハナハタ(はんごー みーばい)
宮古島の魚ハナハタ(はんごー みーばい)
アザハタ
宮古島の魚アザハタ
アカハタモドキ
宮古島の魚アカハタモドキ
ユカタハタ(あかじん)
宮古島の魚ユカタハタ(あかじん)

まぐろ(*沖合の場合)
宮古島の魚まぐろ
かつお(*沖合の場合)
宮古島の魚かつお
シイラ(*沖合の場合)
宮古島の魚しーら